全米オープン2016 / U.S. OPEN CHAMPIONSHIPS

us-open-championship01

6月10に、16日から19日にかけて米ペンシルベニア州オークモントで開幕する男子ゴルフの全米オープン選手権の予選ラウンドの対戦相手が発表されました。

今季開催のオークモントカントリークラブは、116回を数える全米オープンゴルフの歴史の中で、1927年の初開催から最多9度目の開催となります。

オークモントCCは、狭いフェアウェイに加え、18ホールに110個のバンカーを配し、卓越したコースマネジメントと、精度の高いショット、正確なパッティングが要求される屈指の難コースとなっています。

選手たちが最も手こずるのは「ロック・ハード」と表される固く速いグリーンと言われています。

元々難易度の高いコースに、深いラフと高速グリーンのセッティングを施し、例年スコアは伸びず、オーバーパーでの優勝もあり得る大会です。

☆賞金総額:1,000万ドル

☆優勝賞金:180万ドル

☆優勝FedExカップポイント:600pt

 

歴代優勝者と日本人選手の成績 / 予選組み合わせ

<過去5年間の歴代優勝者・日本人選手の成績>

全米オープン歴代優勝者

<日本人選手の予選組み合わせ>

池田勇太、パットン・キザイア、デビッド・リングマース
(午前7時18分10番、午後1時3分1番)

宮里優作、カン・スン、ロマン・ワッテル
(午前7時29分1番、午後1時14分10番)

谷原秀人、グレゴリー・ボーディ、ケビン・ストリールマン
(午前7時29分10番、午後1時14分1番)

谷口徹、スペンサー・レビン、カルロス・オルティス
(午後1時14分1番、午前7時29分10番)

松山英樹、セルヒオ・ガルシア、ダスティン・ジョンソン
(午後1時36分1番、午前7時51分10番)

※()内はスタート時間とホール。

岩田 寛 選手は残念ながら予選会途中棄権で出場権獲得ならず

 

大会優勝者の予想は?

今大会で間違いなく上位にランクインするであろう選手達・・・

・ジョーダン・スピース(2015年優勝)
・ジェイソン・デイ(世界ランクトップ)
・ダスティン・ジョンソン(2015年準優勝)
・ローリー・マキロイ(2011年優勝)
松山英樹(世界ランク15位)

FOXスポーツ(米フォックス放送番組)の予想ランキングでも上位の選手達を注目しています。

難コースとも呼ばれる大会でもあるので、今大会では”距離”をどれだけ飛ばせるかが優勝の鍵となってくると思います。

私は、フェニックスオープン優勝、マスターズとプレーヤーズ選手権での7位Tの実績を持つ松山選手の優勝にかけたいと思います!

皆さんも全米オープン2016をお見逃しなく!!

日本一わかりやすい!スポーツブックについての解説はこちら!

スポーツブックとは?
>>詳細はココをクリック!<<

サブコンテンツ

このページの先頭へ